柏の葉ビーチボールクラブとは?

柏の葉ビーチボールクラブは、地域のバリアフリースポーツコミュニティとして、平成22年10月、NPO支援センターちば協力のもと、まちのクラブ活動初の運動系クラブとして誕生しました。

平成23年度には、クラブの活動方針を広く知っていただくため、WAM社会福祉振興助成事業「地域住民と障害者のスポーツを通じた社会参加促進事業」に取り組み、「市庭」「あぐらDEビーチボール」「キッズビーチボール」など、バリアフリースポーツコミュニティの礎となる大切な活動を行いました

平成26年度以降は、拠点を柏の葉小学校に移し、まちのクラブ活動運動部の一員として柏の葉総合型地域スポーツクラブに所属。平成31年6月には、柏の葉小放課後活動を開始。さらに令和2年4月、クラブは単独で総合型地域スポーツクラブとなり、新たなステージへと歩みを進めています。